推薦者の声

 

ナレーター“木村匡也”は、ディレクターの想像以上のものを必ず提示してくれる稀有な存在

 

芸能人格付けチェックディレクター

代表作:芸能人格付けチェック(朝日放送)、ジャンク SPORTS(フジテレビ)、プレバト!!(TBS系列)

松田裕士 様

 

僕が初めて“きょうやさん”と出会ったのは、テレビ番組「芸能人格付けチェック」が正月特番としてスタートする時でした。当時のナレーターは決められた原稿を正確に読むことを重要視していた時代だったと思いますが、“きょうやさん”は、僕が書いたナレーション原稿に抜群のアドリブを随所に加えて、番組全体の質を上げてくれたのでした。

本当に衝撃でした。これは、どのナレーターにもできない、木村匡也だからこそできる芸当だと思います。

そういう意味では、ナレーターというよりも“タレント”ですね。

 

そして“きょうやさん”は「バラエティ番組はナレーションの質で面白くなる」という

今では当たり前の事実をテレビ業界の人に知らしめた人と言って過言ではありません。

それは、ハッキリと「木村匡也前、木村匡也後」で線引きが出来るほどにインパクトのある意識改革でした。

“きょうやさん”は、声に感情を乗せ「ナレーションを演じる」ことで番組自体に力を与えました。バラエティ番組のナレーションにテロップが入ったのは、僕が知る限り、彼のナレーターデビュー作である「電波少年」が初めてです。

 

それからもう一つ。今やテレビ番組のナレーションを務める人の多くが、声に感情を乗せることが得意な「声優さん」たちです。その逆に、一流ナレーターから声優になったのは“きょうやさん”が初めてではないでしょうか。

声に感情を乗せて縦横無尽に話すことで、ナレーターの域を超えマルチに活動する“きょうやさん”。だからこそ、どんな場面にも対応した声や話し方を教えることができるのだと思います。“きょうやさん”は制作側が提示した文章以上の質でナレーションをしてくれます。彼のおかげで僕は自分の感性が鍛えられて、ディレクターとして1つ上のステージに立てたと実感しています。

 

「プレゼンや会議で上手く話せていない、という自覚がそもそもない人」

「声で損している事にまったく気づいていない人」

そんな人にこそ”きょうやさん”のこの講座を受けてほしいと思っています。

ボイスブランディングをすることで、人生が大きく変わる、ということを是非知ってほしいです。

 

自分自身を変えるには、住む場所や周りの人間を変える、という大きな変化が必要だと思っていませんか。

自分を変えられるものは、もっと身近にあるのです。

 

“きょうやさん”の「声の魔力」講座を本当に楽しみにしています。

 

 

 

Copyright (C) 2021 SYK Co.,LTD All Rights Reserved.